沖縄女性2人らが「展示」された1903年の「人類館事件」に関連して、新たな写真3枚が見つかった。キュレーターの小原真史さん(38)が23日、那覇市の沖縄県立博物館・美術館で開かれたシンポジウム「彷徨と回帰-『写真0年 沖縄』から10年」で公表した。

シンポジウム「彷徨と回帰-『写真0年 沖縄』から10年」が開かれた沖縄県立博物館・美術館

 小原さんは3月、オークションで古写真4枚を入手。うち1枚は83年に見つかった物と同じだが、ほか3枚は未確認という。大きさはいずれもキャビネサイズ(12×16・5センチ)ほどで同じ体裁で台紙に貼られており、旧字で「禁複写」の赤い印が押されている。

 1枚は7人が写り、足元に「印度 キリン」の文字がある。別の1枚には「爪哇」(ジャワ)と書かれた看板のような物を持つ人を含めて3人、もう1枚には「土耳其」(トルコ)、アフリカの「ザンジバル」などの文字と一緒に2人が写っている。

 基調講演した小原さんは欧州で人間が展示された19世紀の万国博覧会などの事例を挙げ、江戸期の日本人も「見られる」対象だったことを説明。しかし、大日本帝国が成立後、帝国主義の広がりとともに「日本は調査される側から調査する側に転じていった」と解説した。古写真は今後、自身が企画する展覧会で公開する予定。

 【人類館事件】 1903年に大阪で開かれた内国勧業博覧会の会場外で民間が興業した小屋「学術人類館」に沖縄の女性やアイヌ、朝鮮などの人たちが見せ物として「展示」された。沖縄側から強い抗議があったが、「未開人種」や「劣等種族」と並列で扱われたという異議で、沖縄側の差別意識も浮かび上がった。

 ※写真は4月24日付本紙に掲載