昨年、八重山や宮古島などで海水温上昇に伴い過去最大級のサンゴの白化が起きたのを受け、環境省は23日、恩納村の沖縄科学技術大学院大学で「緊急対策会議」(座長・土屋誠琉球大名誉教授)を開き、産官民で連携して白化の進行を食い止め、保全に取り組む対策をまとめた「緊急宣言」を採択した。