8年ぶりの選挙となったうるま市長選は、市政の継続か刷新かが大きな争点となり、現職の島袋俊夫氏が3選を決めた。経済振興策などこれまで2期8年間の市政運営に対する実績が市民から一定の評価を得ていることが示された。