香港の郭程鵬(クゥオク・チンパン)さん(35)と劉凱如(ラウ・ホイユ)さん(33)の婚姻届が21日、宜野座村役場に受理された。自国でも結婚したことが証明できる「リーガルウエディング」として認められ、村で第1号となる婚姻届受理証明書が発行された。

宜野座村でリーガルウエディング第1号となった郭程鵬さん(左)、劉凱如さん夫婦=21日、宜野座村惣慶の「ザ・ギノザリゾート美らの教会」(アールイズ・ウエディング提供)

 妻の劉さんが以前に旅行で訪れた沖縄に魅せられ、式を挙げたいと熱望したことがきっかけ。村惣慶の「ザ・ギノザリゾート美らの教会」で結婚式をし、村役場で婚姻届を提出することにした。同教会によると、台湾や香港では日本の結婚証明書を入手するのがステータスになっているという。

 村役場で手続きを済ませた2人は「外国での手続きは緊張したが、受理されてうれしい」と笑顔。夫の郭さんは「日本の文化が好きでよく来るが、特に沖縄は活気があって明るいイメージ」、妻の劉さんは「沖縄でロマンチックな結婚式が挙げられてとてもうれしい」と話した。

 2人は婚姻届受理証明書を受け取り「沖縄のように温かい家庭を築きたい」と幸せそうに顔を見合わせた。