沖縄タイムス社と朝日新聞社の県民意識調査では、名護市辺野古の新基地建設に「反対」と答える人が、一貫して60%台で推移してきた。今回は翁長雄志知事の埋め立て承認取り消しを、最高裁が「違法」と判断した後の初めての調査だが、60%台に踏みとどまり、「民意健在」と言える。