沖縄防衛局が辺野古新基地建設に向けた護岸建設工事に着手したことを受け、沖縄県の翁長雄志知事は25日午後、「工事強行は許し難い。環境保全の重要性を無視した暴挙と断ぜざるを得ない」として、政府の姿勢を強く批判した。

辺野古埋め立て開始を受け、会見する翁長雄志知事=25日、県庁

 その上で、政府はなりふり構わず、埋め立て工事着手の既成事実を作ろうと躍起になっているとし、「工事は始まったばかりで、二度と後戻りができない事態にまで至ったものではない」と強調。政府の暴挙を止めるため、自然保護団体にも強く協力を訴えかけていくとともに、「差し止め訴訟の提起を含む、あらゆる手法を適切な時期に行使し、辺野古に新たな基地を造らせないという県民との約束を実現するため、全力で戦う」と述べた。

 翁長知事が県庁で記者団の取材に応じた。「基地建設を阻止できる確信はあるか」との問いに、「そうですね。そのために知事選に出たわけですから」と強調した。

 工事差し止め訴訟の提起や埋め立て承認撤回の具体的な時期について言及はなかった。県民投票や出直し知事選についても「私なりの考え方は持っている。弁護団や県庁内で相談しながらやっていきたい」と述べるにとどまった。