沖縄防衛局が名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる護岸建設工事に着手したことを受けて、翁長雄志知事は25日午後、沖縄県庁で会見し、「防衛局が事前協議に応じずに護岸工事を強行したことは許し難い」と述べ、工事の差し止め訴訟を起こす考えを改めて示した。

政府が名護市辺野古で護岸工事に着手したことに関し、沖縄県庁で取材に応じ記者の質問を聞く翁長雄志知事=25日午後

 提訴や新基地建設に伴う公有水面埋め立て承認の撤回時期については「適切な時期に行使する」と述べるにとどめ、明言しなかった。

 新基地建設に反対する市民の間に「早く撤回すべきだ」「工事を止められるのか」といった不安の声が上がっていることに対しては「撤回についてのさまざまな意見は十分に私の耳に届いている」とし、「良い方向性になるように議論を進める」と述べた。

 また、知事は埋め立て承認願書を理由に、サンゴの移植を埋め立て前に講じる必要があると指摘。防衛局が各工区を汚濁防止膜で閉め切っていないことから「サンゴを死滅に追いやる恐れがあり、環境保全の重要性を無視した暴挙だ」と批判した。

 知事は政府の「暴挙」を止めるため、国際自然保護連合(IUCN)など自然保護団体にも協力を要請することを説明。「辺野古に新たな基地を造らせないという県民との約束を実現するため、全力で闘う」とした。