名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が2014年度の事業開始後、初めて埋め立て工事に着手した。この間、県民は知事選で新基地建設反対を掲げた翁長雄志氏を選ぶなど、一貫して辺野古反対の民意を示してきた。民意を無視し、前例のない法令解釈を練り上げ、埋め立て承認時の留意事項に付した環境保全策も講じない。