翁長雄志知事は25日の会見で、名護市辺野古の埋め立て工事について各工区が汚濁防止膜で締め切られていないと指摘し、「サンゴの移植をせずに工事をすれば、濁り等の影響で移植前のサンゴに影響が生じる恐れがある。最悪の場合、多くが死滅する」と警鐘した。