名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が25日、護岸工事に踏み切った。県は、国の環境保全措置が不十分だとして、差し止め訴訟や撤回を掲げ、戦う姿勢を鮮明にする。だが、政府は「懸念材料はない」(菅義偉官房長官)と強気の姿勢で基地建設へまい進する。