前田鶏卵(前田睦己社長)は24日、沖縄タイムス社が提供する「新聞の読み方講座」を、那覇市の前田鶏卵本社で、社員向けに開いた。約20人の社員らは仕事に役立つ短時間での新聞の読み方や、顧客とのコミュニケーションツールとしての活用法を学んだ。

新聞の構成について学ぶ社員ら=那覇市・前田鶏卵

 タイムス読者局企画管理部の吉田央副部長待遇は、新聞の内容を効率よく把握するため、記事の見出しや前文の役割を紹介した。

 他にも、経済面に載る記事の説明や、地方面では掲載される地域が曜日ごとに分かれていることなどを挙げ「紙面では多くのネタが発見できて情報収集になる。雑談力向上などに役立ててほしい」と話した。

 前田社長は「社員には新聞を通して視野を広げてほしくて開催を決めた。世の中の情報や社会の動きを皆に知ってもらう機会になれば」と期待した。