「ついに、この時がきたか」 名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が埋め立て工事の第一段階となる護岸建設に着手した25日午前、翁長雄志知事の側近は硬い表情で声を絞り出した。 同じ日、菅義偉官房長官はこう断言した。工事を進める上で「懸念材料は全くない」。