沖縄県は28日、2017年度の入域観光客数の目標を前年度比73万人(8・3%)増の950万人にすると発表した。内訳は、国内客が前年度比21万人(3・2%)増の685万人、外国客が前年度比52万人(24・4%)増の265万人。

(資料写真)観光客でにぎわう首里城・守礼門

 県の入域観光客数は16年度、国内客、外国客とも4年連続で過去最高を更新し、計876万9200人に達した。21年度までには1200万人に伸ばす計画で、18年度以降の目標値は8月ごろに決定する。