29日からゴールデンウイーク(GW)が始まる。カツオ漁が始まった沖縄県本部町渡久地では27日から、初夏の風物詩「カツオのぼり」60匹が大空を悠々と泳ぎ、町民や観光客の目を楽しませている。

初夏の風物詩となったカツオのぼり=28日、本部町(小型無人機から撮影)

 本部町商工会青年部OB会(外間英治会長)がカツオ漁をPRしようと企画し、今年で16回目。GWの期間中掲揚される。

 5月4、5日にはカツオのぼりの見える渡久地港プロムナードで「第5回もとぶカツオのぼりまつり」(主催・同町商工会青年部)、町営市場では「まちぐゎーランタン夜市」(主催・市場通り会)のイベントも開催される。(友寄隆央通信員)