沖縄タイムス創刊70周年プレ企画「夢の種まきプロジェクトMASAマジック小学校巡回事業」(主催・沖縄タイムス社、協賛・沖縄銀行、ざまみダンボール)が28日、那覇市立金城小学校であった。MASAさん=写真=が鮮やかな手さばきで繰り出すマジックに、児童らは身を乗り出して見入っていた。

MASAさん

MASAさんのパフォーマンスに歓声を上げる子どもたち=28日、那覇市・金城小学校

MASAさん MASAさんのパフォーマンスに歓声を上げる子どもたち=28日、那覇市・金城小学校

 自身にかけられた手錠をいつの間にかポケットに忍ばせたり、紙袋に入れたケチャップを跡形もなく消したりと、不思議な技を次々と披露した。

 ユーチューブを見て独学でマジックを学び、語学習得と経験を積むために渡米したことなどを紹介し「可能性は無限大。好きなことを追求して」と児童らを激励した。

 6年生の石塚公太君(11)は「夢を諦めず自分を信じようという言葉が心に残った。家でテーブルマジックの練習をしてみたい」と話した。

 ■MASAさん、5月6日の那覇公演延期

 県出身マジシャンのMASAさんが5月6日に那覇市のパレット市民劇場で予定していた昼夜の2回公演、MASA MAGIC SHOW「IMPOSSIBLE」が延期になった。公演に必要な備品を米国から取り寄せる予定だったが輸送が間に合わず、延期を決定した。新たな日程は近く発表する。前売りチケットの代金は全額払い戻す。

 MASAさんの事務所で株式会社enve(エンビ)の神里貴之マネージャーは「大変申し訳ない。チケット代金は全額払い戻すが、延期した公演ではしっかりとMASAの魅力を伝えたい」と話している。

 払い戻しなどの問い合わせはenve、電話098(890)5588。