29日午後6時40分ごろ、那覇市楚辺2丁目の国道330号上で「電柱に車がぶつかっている」と119番通報があった。那覇署などによると、20代男性が運転していた軽自動車が対向車線にはみ出した後、電柱に衝突。男性と同乗者の90代女性が救急搬送されたが、女性は搬送先で死亡した。男性の命に別条はないという。2人が車外に出た後、車から出火し炎上した。

軽自動車に乗っていた2人が車外に出た後、出火し炎上する軽自動車=29日午後、那覇市楚辺2丁目の国道330号(上原愛子さん撮影)

 同署によると、軽自動車は国道330号を古波蔵交差点から旭町交差点向けに進行中、何らかの理由で対向車線に進入。そのまま対向車線側の電柱に衝突し停止し、直後に車が炎上した。

 同署は、男性が居眠り運転をしていた可能性もあるとみて、詳しい事故原因を調べている。