田空(でんくう)の駅ハーソー公園(沖縄県本部町具志堅)で、ヤギをPRするゴールデンウイークイベントが28日、始まった。普段はできない乳搾り体験(午後1~2時、500円)のほか、ヤギバーガー、ヤギタコライスなどの屋台が出る。5月7日までの期間中は無休。

ヤギの乳搾りを体験する保育園児=本部町・田空の駅ハーソー公園

 農園や食堂を備える公園には、ヤギが約70頭いる。指定管理するもとぶバイオマス事業協同組合の比嘉みどり代表理事は「県内外の人に楽しんでほしい」とあいさつした。

 町の平良武康副町長は「公園が日増しに活気づいている」、町議会の石川博己議長は「具志堅は町の北側の玄関口。玄関口が元気なら観光客を楽しく迎えられる」と期待を寄せた。

 風のわ保育園の園児16人らが母ヤギの乳搾りや子ヤギへのミルクやりを体験。上本部小6年の當銘日和さん、喜屋武蓮美さんは「子ヤギがかわいいからよく遊びに来るけど、ミルクやりは初めて。吸い付く勢いがすごかった」と話した。