中日クラウンズ最終日(30日・愛知県名古屋GC和合=6545ヤード、パー70)は首位タイで出た宮里優作が68で回り、通算13アンダーの267で優勝した。2位の谷口徹、藤本佳則とは1打差。通算4勝目。

宮里優作選手(資料写真)