北朝鮮の弾道ミサイル落下を想定し、県や市町村が学校やホームページ(HP)を通し、「対応マニュアル」を周知している。突然の通知に住民からは「沖縄が狙われているのか」との問い合わせが寄せられ、自治体の担当者も「過去に例のない通知。北朝鮮の情報もなく、説明が難しい」と困惑する。