沖縄県保健医療部は1日、県民や観光客向けに「ハブ咬症注意報」を発令し、被害の未然防止を呼び掛けている。期間は6月30日まで。

(資料写真)ハブ

 沖縄県内では例年、ハブ咬症患者が約100人発生している。今年は1月末現在で4件発生している。

 県によると、気温が高くなっていくこの時期はハブの行動が活発になる。農作業や行楽などで田畑や山野への人の出入りが多くなり、ハブ咬症の被害が多く出ているという。

 ハブにかまれた場合は、激しい動きをせずに身近な人に助けを求め、早急に医療機関で治療を受けるよう呼び掛けている。