沖縄県・八重瀬町港川の港川公民館前広場で4月30日、「やえせこいのぼりあしび」が開かれた。町魚をモチーフにした「トビウオのぼり」や大小のこいのぼり約500匹が晴れ渡った会場や集落の道沿いに泳ぎ、大勢の家族連れを出迎えた。
 与那原町から訪れた米須笑花(わか)さん(9)は、トビウオのぼりに触れ「去年、クジラを見に行った船の周りで、トビウオがイルカと一緒に跳びはねていたことを思い出した。あまり似てはいないけれど、その分かわいい」と話していた。
 イベントは地元の保育園の子どもたちのダンスや大道芸などのステージ、出店などもあり、にぎわった。実行委員会の主催で2009年から9回目。

晴天に舞うトビウオのぼりの下、駆け回って遊ぶ子どもたち=4月30日、八重瀬町港川