沖縄総合事務局財務部は26日、春闘シーズンに合わせて調べた2017年度の賃金動向を発表した。態度未定を除く35社中34社(97・1%)が「賃金を引き上げる」と回答した。賃金水準を引き上げるベースアップ(ベア)を行う企業は14社(40%)。いずれも前年並みの割合で、全国と同様の傾向が見られた。