【川崎】沖縄の伝統芸能や食文化など50以上の屋台が並ぶ物産展「第14回はいさいFESTA」が3日、川崎市の複合商業施設「ラ チッタデッラ」で始まった。大型連休の恒例行事で、各地から沖縄ファンが詰め掛け、ウチナー文化を満喫した。7日まで。

家族への感謝の思いを叫ぶ来場者ら=3日、川崎市の複合商業施設「ラ チッタデッラ」

 オープニングは、県出身のお笑い芸人「スリムクラブ」などが登場。観客が舞台上で特定の人に感謝の気持ちを叫ぶ「大きな声でありがとうグランプリ」では、飛び入り参加の来場者が、家族や友人に普段言えない思いを表現した。

 祭りは、チネチッタ通り商店街振興組合などが主催。県出身者が多い川崎でのイベントとして定着し、昨年は約22万人が来場した。今年はエイサー演舞やアーティストによる音楽祭、伝統芸能のワークショップなど多彩な催しが企画されている。