沖縄署は6日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、公務員の男(42)=北谷町宮城=を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。呼気から基準値の5倍を超えるアルコールが検出された。

 逮捕容疑は6日午前2時15分ごろ、北谷町港の町道で、酒気帯び状態で普通乗用車を運転した疑い。

 巡回中のパトカーが速度を出してふらつく車を見つけ、職務質問したところ、男から酒のにおいがしたという。