2017年(平成29年) 12月15日

タイムス×クロス コラム

琉球ゴールデンキングスの新たなる挑戦
「沖縄の宝」がBリーグの頂点を目指す日々。(5)

渡瀬 夏彦
渡瀬 夏彦(わたせ なつひこ)
ノンフィクションライター

1959年埼玉県生まれ。高校3年のときに「与那国島サトウキビ刈り援農隊」に参加して以来、約28年間沖縄通いを続け、2006年に移住。『銀の夢 オグリキャップに賭けた人々』で講談社ノンフィクション賞とJRA馬事文化賞を受賞。他の著書に『修羅の華 辰吉丈一郎がゆく』(講談社)、共著書に『誰が日本を支配するのか!? 沖縄と国家統合』(マガジンハウス)など。普天間問題からスポーツ(琉球ゴールデンキングス、琉球コラソン、FC琉球、高校野球、ボクシング等)まで、幅広いジャンルで雑誌、新聞等にドキュメントやコラムを執筆。関心は、脱基地、脱原発から、沖縄文化、自然、芸術・芸能・音楽、スポーツまで多岐にわたり、Facebook、Twitterやブログ「渡瀬夏彦の沖縄チムワサワサ~日記」(http://watanatsu.ti-da.net/)でも情報発信。現在、沖縄を舞台にした複数のノンフィクション作品を構想中。「沖縄戦・精神保健研究会」会員。

2016年12月28日、インタビュー時の岸本隆一(撮影:渡瀬夏彦)

 これは琉球ゴールデンキングスが迎える最終節への、直前のエールです。

 特に今シーズン中盤まで、落ち込み悩んだ時期の長かったキャプテン岸本隆一に対する応援メッセージのつもりで、この記事を書きます。

   * * * * * * * * * * * * * * *

 5月3日の名古屋ドルフィンズ戦で敗れた瞬間、自力でのチャンピオンシップ進出の望みが絶たれた。今季のキングスの戦いに実質上のピリオドが打たれたかに思えた。

 しかしその直後、このところ好調の最下位・滋賀レイクスターズ(B1残留をかけての重要な終盤戦を戦っている!)が2位大阪エヴェッサに逆転勝利を収め、この時点で、大阪と3位キングスのゲーム差は1に戻った。

 大阪エヴェッサに2連勝しなければチャンピオンシップシリーズ(プレーオフ)進出を果たせないキングス。対する大阪は1勝1敗でもよい。

 まさに背水の陣のレギュラーシーズン最終ホームゲームは、5月6日と7日、沖縄市体育館で行われる。

 思えば、わたしが岸本隆一にロングインタビューを敢行したのは、彼が明らかに精彩を欠き、ついにスターティングメンバーを外されるまでに至った昨年の暮れ、12月28日のことだった。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

タイムス×クロス コラムのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間