「ゴーヤーの日」の8日、消費拡大を呼び掛ける県農林水産物販売促進協議会(会長・大城勉JAおきなわ理事長)のセレモニーが糸満市のファーマーズマーケットいとまんで開かれた。会場では、語呂合わせで「いいゴーヤー」にちなみ、午前11時58分から、Lサイズのゴーヤー千本を1本58円で販売。市価の半額程度とあって、多くの来店者が買い求めていた。

1本58円の格安ゴーヤーを求める買い物客=糸満市、ファーマーズマーケットいとまん

 セレモニーで浦崎唯昭副知事が「ゴーヤーの日」を宣言。大城会長は「ビタミン豊富で、夏バテ防止に効く健康野菜。消費拡大に全力を挙げたい」とあいさつした。沖縄協同青果の伊禮輝夫社長も「安定供給に向け、積極的に取り組みたい」と意気込みを語った。

 ゴーヤーを使ったレシピも紹介され、ゴーヤー天ぷらやサーターアンダギーなどが振る舞われた。

 ゴーヤーの日は1997年に県がゴーヤーの国内栽培発祥の地として宣言。「裏ゴーヤーの日」とする8月5日まで約3カ月、県内外へPRする。