沖縄県は8日、沖縄防衛局が実質的な協議をせずに名護市辺野古の新基地建設工事に着手したとして、防衛局に対して工事の停止と協議を求める文書を送付した。サンゴの分布状況を確認するため、立ち入り調査も再度求めた。