沖縄の夏野菜の代表格であるゴーヤーの販売量が増加している。JAおきなわ(大城勉理事長)の2016年度の販売量は前年に比べ18%増えて2947トンで、2年連続で増加した。生産性の高い品種の普及や、台風被害が少なかったことなどで、3千トン台回復の目前まで迫った。