【中部】米軍三沢基地所属のF16戦闘機27機が12日正午から午後5時にかけ、相次いで嘉手納基地に着陸した。所属機以外にこれだけ大規模の戦闘機が嘉手納基地に飛来するのは異例。27機は三沢から岩国基地を経由して飛来した。

嘉手納基地に相次いで着陸する米軍三沢基地所属のF16戦闘機=12日午後4時10分(読者提供)

 嘉手納基地報道部は「日常的な訓練のスケジュールされた展開に参加している。一時的な経由であり、来週までには出発する」と説明。沖縄防衛局は米軍側に照会しているが、訓練概要や目的などの回答は12日午後6時までにないという。