「座して待つわけにはいかない」(嘉手苅義男社長)。 20年前、県内市場は酒類の多様化で競争が激化していた。加えて少子高齢化や若者の酒離れなど、飲酒機会の減少で総需要も減っていた。 全国のビール需要は2001年から15年間で約26%も減少。