【中部】米軍が10日午後6時半から8時半の間、米軍嘉手納基地上空でパラシュート降下訓練を実施する。沖縄防衛局が午後2時14分、沖縄市に電話で連絡した。同様の連絡があった嘉手納町によると、少なくとも近年に同基地で夜間のパラシュート降下訓練が実施されたことはない。同町は訓練を実施しないよう、防衛局に求めた。

(資料写真)米軍嘉手納基地

 今回の訓練は10日午前7時すぎ、米連邦航空局の航空情報(ノータム)で実施が明らかになったが、周辺自治体への通告は訓練のわずか4時間前となった。

 沖縄市に入った連絡によると米軍は沖縄防衛局に対し、「伊江島で行う予定だったが、海の気象の影響で嘉手納基地で行うことになった」と説明。防衛局は訓練を見送るよう求めたという。

 嘉手納基地上空でのパラシュート降下訓練は4月、6年ぶりに実施され、基地周辺自治体や議会が中止を求めている。