地元や県の反対を押し切って嘉手納基地で夜間のパラシュート降下訓練を実施した米軍の姿勢は、よき隣人を標榜(ひょうぼう)しながら、軍事運用を最優先させる軍の本質を示した。