日本語学校に通う外国人留学生の就労を巡る自民党の提言について、評価と懸念が入り交じった。ようやく不法就労の実態にメスが入ることに歓迎の声が上がる一方、留学生の労働力頼みの事業者は政府による厳格管理の悪影響を危惧。識者は「まだ問題の本質に踏み込んでいない」と不十分さを指摘した。