鶴保庸介沖縄担当相は12日までに、沖縄が本土復帰から45年になるのを前に、沖縄タイムスなどの合同インタビューに答えた。今後の沖縄振興策については、自立型経済の構築に向け特色ある分野の産業支援や人材育成などに注力する考えを示した。 ―45年間の沖縄振興の評価と課題、今後の展望は。