沖縄県警宜野湾署の30代の巡査部長が複数の後輩の警察官に飲食代を無理やり支払わせていた疑いがあるとして、県警監察課が調査していることが12日、分かった。

(資料写真)パトカー

 捜査関係者によると、金額は約100万円に上るという。宜野湾署に赴任する数年前から、後輩らとグループで居酒屋などに行った際、仕事上の面倒をみているなどとして支払わせていたという。関係者から情報提供があり、調査した。

 同課は恐喝などの事件性はなかったとして立件はせず、内部規定に沿って処分を課す方針で巡査部長は現在、休職中という。