沖縄県内3行の2017年3月期決算は、主要収入である貸出金利息収入がそろって減少に転じ、収益環境の急速な悪化を印象付けた。景気は良く貸出量は増えているにもかかわらず、日本銀行のマイナス金利政策や低金利競争で利回り低下に拍車が掛かり、本業の収益力が一段と悪化した。