第107回春の全島闘牛大会(主催・沖縄県闘牛組合連合会、後援・沖縄タイムス社)は14日、沖縄県うるま市石川多目的ドームで行われた。県内各地から選ばれた強豪24頭が激戦を展開し、集まった闘牛ファン約3500人をうならせた。

全島一優勝旗争奪戦を制した仲村●元帥(左)=日、うるま市石川ドーム(喜屋武綾菜撮影)

 県内最強を決める全島一優勝旗争奪戦は、仲村(自)元帥が王者・伊良皆圧送大進撃に挑戦。13分14秒の熱戦の末、元帥が積極的な進撃で押しやり、初のチャンピオンに輝いた。

 中量級全島一では辺土名牛(志)が13連続防衛中の闘将ハヤテを19分26秒で下し、新王者となった。軽量級は琉神一輝が古堅モータース迎撃號を21秒で破り、初防衛に成功した。