沖縄地方は16日、梅雨前線の影響で、早朝から猛烈な雨が降った。沖縄気象台によると、国頭村奥では、午前5時50分までの3時間雨量で107・5ミリを記録し、5月の観測史上最大となった。

大木が倒れ、駐車していた車が押しつぶされた=16日午後、宜野湾市の普天間宮(勝浦大輔撮影)

 宜野湾市の普天満宮では午後1時半ごろ、宮内で一番古く、戦前からの高さ10メートルほどのウスクガジュマル(アコウ)が風雨で倒れ、約4メートル下の駐車場にある車2台を押しつぶした。車に人は乗っておらず、けが人はいなかった。

 気象台によると、17日は梅雨前線が沖縄地方を南下。沖縄地方は曇りで、一時雨の降る所がある。午後は高気圧に覆われて、各地とも次第に晴れる。

 沖縄渇水対策連絡協議会によると、国、県、県企業局管理の県内11ダムの貯水率は16日午前0時現在50・3%となり、4月10日以来35日ぶりに50%台に回復した。

……………………………………………………………

大木が倒れ、駐車していた車が押しつぶされた=16日午後5時53分、宜野湾市・普天満宮(勝浦大輔撮影)