沖縄県が、嘉手納基地と普天間飛行場での米軍機飛行を制限する騒音規制措置(騒音防止協定)の見直し作業に着手する。嘉手納基地の米軍機の離着陸や騒音などのデータを整理し、協定で定めた規制措置が守られていない運用実態を明示した上で、早ければ年度内にも新たな見直し案をまとめたい考えだ。