名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部では17日午前、沖縄防衛局が波打ち際の石材を重機でならすなどの護岸工事を続けた。

抗議船(右)やカヌーから工事を監視する市民ら=17日午前

 新基地建設に反対する市民らは船2隻、カヌー12艇で抗議。沿岸部ではダンプカーが採石の入った網袋を搬入し、クレーン車が捨て石のそばに並べる作業が確認された。

 シュワブゲート前では約200人が集まり、「辺野古の海を汚すな」と訴えた。