光文堂コミュニケーションズ(砂川幸雄代表取締役)は17日、沖縄タイムス社が提供する「新聞の読み方講座」を南風原町の本社で開いた。新入社員らが参加し、仕事に役立つ短時間での新聞の読み方や顧客とのコミュニケーションツールとしての活用法を学んだ。

真剣な表情で新聞を読む受講者=南風原町・光文堂コミュニケーションズ本社

 タイムス読者局企画管理部の吉田央副部長待遇が、新聞の内容を効率よく把握する方法などを説明。「社会人には雑談力も必要だと思う。新聞で社会動向の雑学を身に付けてほしい」と強調した。

 社員らは各自で紙面を読み、気になった記事の感想などについてグループで意見を交換し合った。

 城間勇希さん(22)=那覇市=は「これまでは文字が多くて大変だと思っていたが、効率的な読み方をして情報をたくさん取り入れたい」と話した。清水知佳さん(23)=同市=は「取材方法など新聞の素朴な疑問が聞けて楽しかった」と笑顔を見せた。