沖縄電力(大嶺満社長)は、電力取引の活性化に向け、新電力などへの電力の卸販売の検討を始めた。昨年4月から始まった電力の小売り全面自由化を受け、県内でも割安料金の新電力が参入している。ただ、全国と送配電網がつながっていない沖縄は、電源が限られており、外部からの調達が難しい。