沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは18日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込みを続けている。午前中は、砕石を積んだトラック18台、生コンクリート車4台が基地内に入った。

米軍キャンプ・シュワブ内に砕石を搬入するトラック=18日、名護市辺野古

 午前中は最大約130人が集まり、ゲート前に座り込んだが、機動隊に排除された。

 シュワブ沖では、捨て石を積む作業が確認された。市民らはカヌーや船に乗って抗議したが、海上保安官に一時拘束された。