ボクシングのトリプル世界戦(20日、東京・有明コロシアム)の公式計量が19日、都内のホテルで行われ、WBC世界フライ級王座に挑む比嘉大吾の対戦相手、同級王者のファン・エルナンデス(メキシコ)が計量オーバーし、失格となった。WBCは現王者の王座をはく奪し「前王者」の扱いとした。比嘉は50・8キロでパスした。

20日の世界戦に向けて公式計量に臨んだ比嘉大吾(右)とファン・エルナンデス=東京都内のホテル

 エルナンデスは1回目の計量で200グラムオーバー。2時間の猶予が与えられたが、30分もしないうちに水を飲み、計量放棄とみなされて王座剥奪、失格となった。2度目の非公式の計量では1キロ超オーバーしていた。

 20日の16時に当日計量を行い、両陣営の設定した体重を満たせば、試合はタイトルマッチとして行われ、比嘉が勝った場合は新王者となり、エルナンデスが勝った場合は世界フライ級王座は空位となる。

 設定体重を超過した場合は試合の見送りもある。不戦勝はないとして、試合日を再設定するとみられる。