【シカゴ共同】米大リーグは18日、各地で行われ、カブスの上原はシカゴでのレッズ戦で9―4の九回に登板し、1回を無安打無失点、2三振で今季初セーブを挙げた。無死満塁からの救援で犠飛を許しただけで、セーブは6年連続で記録した。チームは9―5で勝った。

 レッズ戦の9回に登板し、1回を無安打無失点で今季初セーブを挙げたカブス・上原=シカゴ(ゲッティ=共同)

 マーリンズのイチローはドジャース戦の九回2死から代打で出場し、空振り三振に倒れた。チームは2―7で負け、4連敗を喫した。

 青木が所属するアストロズは試合がなかった。(共同通信)