沖縄県立埋蔵文化財センター(金城亀信所長)は19日、石垣島白保竿根田原洞穴遺跡から出土した旧石器時代の人骨群が、人為的に葬送されていたとして、「国内初確認の、旧石器時代の墓域(墓地)だった」と発表した。千点を超える人骨片から少なくとも19体を確認。世界最大級の旧石器時代の人類遺跡とみている。そのうち1体(4号人骨)は全身人骨では国内最古の約2万7千年前のもので、港川人骨(約2万2千年前)の記録を塗り替えた。金城所長は「日本の人類史に新たな1ページを刻むことができる重要な発見」と成果を強調した。

白保竿根田原洞穴遺跡から発掘された国内最古の全身人骨「4号人骨」。比較的高齢の成人男性で推定身長165.2センチ(県教育委員会提供)

白保竿根田原洞穴遺跡

白保竿根田原洞穴遺跡から発掘された国内最古の全身人骨「4号人骨」。比較的高齢の成人男性で推定身長165.2センチ(県教育委員会提供) 白保竿根田原洞穴遺跡

 4号人骨はあおむけの姿勢で、膝は胸の前に、腕は両手が顔の近くに来るよう曲げられ、安置されていた。他の人骨を再分析したところ、骨の配置や葬送場所にも共通性を確認。生活の痕跡が周囲にないことから墓地のみに使用していたと認定した。

 人骨群の骨は関節が離れたものや、ネズミなどのげっ歯類の歯形があることから、埋葬ではなく風葬の形を取っていたとみられる。

 研究グループは骨の数や保存状態が良いことから、3次元の復元作業や当時の生活環境分析、他地域の人骨との比較などで、多方面の研究が進展すると期待している。

 沖縄考古学会の當眞嗣一会長は「生と死の世界を当時から明確に分け、乳幼児と成人も区別し、葬ったようだ。世界の代表的な旧石器人骨となるだろう。遺跡は保存し、公開や活用を検討してほしい」と話した。

きょうから一般公開

 旧石器人骨は、4号人骨含む数点を西原町の同センターで一般公開する。20~28日まで(月曜は休館)、入場料無料で午前9時~午後5時(最終入場は同4時半)。問い合わせは同センター、電話098(835)8751。