衆院法務委員会で「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰改正法案が可決され、沖縄県内では政府与党の自民・公明などが法案の必要性に理解を示す一方で、県政与党からは「数の横暴だ」など反発の声が上がった。