沖縄県立南部医療センター・こども医療センター(南風原町、佐久本薫院長)はこのほど導入した最先端の高精度放射線治療装置を17日、報道陣に公開した。従来の装置と比べ、がん腫瘍に対して高精細なビームでピンポイントに照射でき、周囲の正常な臓器や組織への影響をより低減できるほか、治療時間の短縮にもつながる。