【東京】山本幸三地方創生相は19日の閣議後会見で、国家戦略特区としての活用実績が少ない沖縄について「規制改革事項の積極的な活用や大胆な改革提案が喫緊の課題」と指摘した。通常は1年ごとに実施される進捗(しんちょく)の検証について、沖縄は年度末を待たずに中間でも評価するとした。