【道場めぐり・8】琉球国技空手道剛柔流天武心治館 潮風が吹き込む琉球国技空手道剛柔流天武心治館泡瀬道場。力強く突きや蹴りを行い、気合を響かせる道場生の姿に當山全秋・範士十段は「みんな姿勢がいいでしょ」と目を細めた。 体が小さく、強くなりたい-と20歳の時、渡口政吉氏の尚礼館で空手を始めて61年になる。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。